作製の歴史

明るい応接室

ネームプレートの原型となったものは、第二次世界大戦中などに、戦士してもどこの所属のどのような人なのかということがわかるように軍服等に縫い付けたのが始まりだと言われています。また日本国内でも、女性などはモンペなどに同じように自分の名前を縫い付けたネームプレートの原型を作成していたと言われています。戦後になってからでは、プラスチック製のネームプレートを作成し小学生や中学生などは自分の胸につけるようになりました。俗に言うと名札と言うものです。また企業の中でも、コンプライアンスを高まりなどから、ネームプレートをお仕事中につけることが多くなりました。これが最近までのネームプレート作成の歴史となります。特に最近ではネームプレート作成は個性的なものなどが非常にもてはやされている時代になってきています。

ネームプレート作成でこれからの動向としては非常にit技術などを駆使したものがまだ家される傾向にあると思われます。例えばワンタッチ、ネームプレートに書かれている表示を変えることができるものや、またはQRコードなどを表示して、自分の連絡先などを伝えることができるものなどもできるようになると思われます。また最近では、プライバシーの観点などから、やはりワンタッチでネームプレートを触る、すぐに名前が消えてしまうものなどもあると思われます。そのようにすれば、ネームプレートをつけたままでも近くのレストランなどにランチに気軽に行けると言うわけです。このように働いている人たちのことをよく考えたものが作成されるのが今後の動向だと思われます。